職場 出会い 浮気

MENU

新しい環境はよからぬ出会いのタイミング

男女が新しく出会う場面

 

桜の舞う季節は、何かと環境の新しくなる時期です。

 

大学を卒業して企業に就職する、転職して新しい職場になる、人事異動により別の部署になる、進級して新しいクラスになる、など挙げればいろいろなシーンがあります。

 

環境の変化はいい意味で人生を変えるチャンスになりますし、ポジティブに捉える方ほど、新しく始まる毎日にワクワクする気持ちもあるでしょう。

 

ところが、人との出会い、特に異性との出会いの意味でも、新しい生活はいろいろな可能性を秘めています。

 

それはパートナーから見たら、リスク以外の何物でもありません。

 

もし新しい職場で、クラスで、あなたのパートナーがあなた以上に相性のいい相手に出会ってしまったら、それは最悪浮気につながるかもしれません。

 

出会いは運命が決めるものでコントロールは難しいですが、ある程度のパターンを知っておくことはその後の対処の意味でも重要です。

 

以下に、浮気や不倫のきっかけになりやすい、わかりやすい出会いのシチュエーションを挙げてみました。

 

新しい職場でお花見

上野公園の夜桜

 

イベントは男女の距離を近づけるシーンにまみれています。

 

部長も課長も新人も一緒になってお花見、という日本の定番の光景は少なくなったといわれますが、それでもまだまだこういうイベントを行う会社も多いです。

 

宴会中は当たり前のようにアルコールが出ますし、ブルーシートに座った隣にかわいい新入社員の女の子や、仕事のできる上司、場を盛り上げる楽しい男性がいるかもしれません。

 

お酒の力と屋外の開放的な雰囲気も手伝って、普段は話さないようなことも打ち明けてしまうことも考えられます。

 

あと、周りに人がいてガヤガヤうるさいので、相手の声が聞き取りづらいですし、会話するときに自然に距離が近くなりがちに。

 

特に男性の場合、いい感じの女性がそばにいるだけで、よからぬ想像をしてしまう場合が多々あります。

 

また、SNSが普及するまでは、親しくなった相手の電話番号を聞くのは少しハードルが高い行為ですが(人によると思いますが)、今は気軽にLINEを交換できる空気があります。

 

桜の下の出会いをきっかけに浮気が始まる、というのは十分にありえるパターンです。

 

さらにもう一つ気になるのは、花見イベントの運営側になる場合です。

 

当然ですがお花見と言ってもれっきとしたイベントなので、場所取りから食料の買い出し、当日の進行など運営スタッフがいてこそ成り立つもの。

 

あなたのパートナーが運営側にいた場合、同じ立場の異性と親密になりやすい環境があります。

 

当日のイベントで行うゲームを考えたり、いっしょに買い出しにでかけたり、会場のセッティングをしたりする中で、相手の意外な一面を発見することもあります。

 

また、イベント後にはスタッフだけで打ち上げを開催するかもしれません。

 

お花見の後即浮気、ということにはならないとは思いますが、取り返しのつかない事態の始まりのきっかけとしては十分に考えられるシーンです。

 

飲み会の後にキャバクラ

 

サークルで新歓コンパ

 

スポーツジムに入会