浮気調査 後 手続き

MENU

浮気調査後はどういう手続きが必要なのか

探偵事務所では浮気調査を行った後は速やかに結果報告が行われます。

 

報告のタイミングについては事前に依頼者の方に希望が聞かれ、調査が終了したその日の夜のうちに電話で簡単な報告を求めるケースが多くなります。

 

何も無ければ動き無しと、また異性との密会や不貞行ために至った証拠を得られればその旨の報告を聞くことができるのですが、この段階ではあくまで簡易報告になりますので浮気相手の写真画像などを確認することはできません。

 

また中には時間ごとの報告や動きがあるごとに報告を求める依頼者の方もおり、事務所側もできうる限り依頼者の意向に添う形で報告を行います。

 

ですが、このやり方はあまりおすすめしません。

 

尾行中の調査員が手を取られ見失うことにもなりかねないので、結果を早く知りたい気持ちはわかりますが、できればその日の調査が終わった段階で結果報告を受けた方が良いでしょう。

 

報告書の作成、引き渡しにおよそ一週間

 

浮気調査の報告書

続いて探偵事務所は浮気調査の報告書を作成する事になり、一般的には報告書の引渡しまでには調査後から1週間ほどを要する事になります。

 

この調査報告書は調査対象者についてその行動を分単位で細かく記載しており、要所要所で撮影を行った写真も貼付され非常に分かりやすい内容にまとめられています。

 

また引渡しの際には担当者から細かな説明を受けることになりますので、気になることがあればすべてを聞き出し、後に対策を立てるためにも細かくメモしておくと良いでしょう。

 

その後のフォローは事務所によりまちまち

 

結果報告とともに報告書の引渡しが済んだ時点で一連の浮気調査は終了になりますが、探偵事務所によってはその後もさまざまなアフターフォローをしてくれますので、不貞行ために関わる専門家として相談をしたり、またこの先どのような対応すべきかについてもアドバイスを受けることもできます。

 

また全ての事務所が対応しているわけではありませんが、配偶者との話し合いの席に同席を求めたり、浮気相手の家に乗り込む際に同席を求めるなどのアフターフォローができる場合もあります。

 

厳しい局面での話し合いはそう滅多に経験するものでは無いため、アフターフォローがあれば非常に心強いのですが、基本的にはご自身で話を進めることになりますので気を強く持たなければなりません。